Wimax(モバイルルータ)のパケ詰まりは「Google public DNS」で(ほぼ)解決!

   

Wimaxが遅い!

このまえアップデートした「Uroad-SS10」が大変不調だ。

電波を掴んでいるにもかかわらず、通信ができない。

「URoadMagic」という無料の付属ツールでアンテナを確認しても、2本くらいは立っている。

なぜだ!頑張れWimax!

いろいろ調べた

「Wimax パケ詰まり」でググったら、やれ自作アンテナだの、Wifiを11gに変更するだの、いろいろ出てくる。

自作アンテナは結構前に100均のボウルでうまくいかなかったのでパス。これだと持ち運びできないし。

Wifi側の設定を変更すると良い、と書いてあったのでそれもやってみた。

「802.11n/g/b混在モード」から、「802.11gのみ」に変更してみたが、微妙に改善されたかな?って感じでとても微妙。

Google public DNSの導入でかなり解決した!

たまたま、他のキャリアのモバイルルータのパケ詰まり解消法で見つけた。

それがこの「Google public DNSを導入」である。

やり方は各自調べてもらいたいが、要はDNSを手動で書き換えて、「8.8.8.8」と「8.8.4.4」にすれば良い。

わからない人は「google public dns iphone」とか、「google public dns Windows7」とかでググってください。

Wimaxなどのモバイルルータのパケ詰まりは「Google public DNS」で(ほぼ)解決!

どうやらWimaxだけでなく、他のキャリアのモバイルルータを使っていても有効そうなので記事にしてみました。

とりあえずやっておいて損はしない感じです。自分の環境ではかなり改善されました。

他のUroad-SS10を使ってる人はどうなんでしょう?

パケ詰まりが解消されなくても、DNSのLookupにかかる時間は短縮されるはずなので、ネットの閲覧速度は向上するはず。

おすすめの設定です。

自宅のPCにも設定してみた。

自宅のMacbookAirにも設定を入れてみました。が、体感ではわかりませんw

そもそもパソコンだとそんなに頻繁にネットへアクセスしないので、わからないのかもしれません。

とりあえず、手元のMacとiPadに「Google public DNS」の設定を入れてみました。

しばらく様子を見る予定です。実家に帰ったら親父の設定も見直してみようか。

まとめ。パケ詰まりにはとにかく「Google public DNS」が効く!

と思う。※ただし個人的な感想なので云々

 - モバイル , , ,